葬儀の際の髪型は

葬儀の髪型のマナーは

葬儀のマナーとして髪型も

高齢者の割合が高くなっているので、これから葬儀に参列する機会が多くなると予測されます。そこで、マナーの一つとして髪型に注意するようにしてください。髪の色が明るい方は黒にする必要があります。時間がなくて染められない方がいると思われますが、今は黒染めスプレーがあるので、間違っても金髪で参列することのないようにしてください。髪が長い女性の方は後ろで一つに結ぶべきです。葬儀にオシャレは必要ないことをしっかり認識してください。自分だけが恥をかくならいいですが、家族や友人にも迷惑をかけることになってしまいます。

マナーとして心配な焼香の方法

葬儀のマナーとしては、参列時の服装や香典の表書きや焼香に関するものが挙げられます。服装は通夜の場合は礼服でなくても地味な服装、式当日は礼服と言うのは定着しています。また香典の表書きも、不祝儀袋の包みに代表例が記載されている事が多く、それに従えば間違いはありません。しかしいつも迷うのが焼香のやり方でしょう。自分の番が来れば、参列者と遺族に一礼し、その後に焼香を行い、再び遺族と参列者に会釈して終えるのが普通です。この流れの中で、焼香そのもののやり方が宗派によって異なり、参列している葬儀の宗派ではどうすべきかを悩む事が多いものです。しかし焼香のやり方は仏教作法で、その宗派ではなく自分の宗派の作法で行っても、真心が込められおれば問題ありません。前後の会釈がマナーで、これはしっかりと守る事が重要です。

↑PAGE TOP