家族葬を行う遺族

家族葬を行う遺族の増加

家族葬を行う遺族が増加している

近年、葬儀の形は遺族の希望に応じて多様化してきました。従来型の一般葬が主流ですが、会社の創立者や社長などが亡くなった時会社主催で行う社葬、故人の身内だけで見送る家族葬、葬儀を行わず火葬場で直接別れを告げる直葬など様々です。家族葬は必ずしも家族だけでなく、亡くなった人と親しかった友人や親族も参列することがあります。近しい人たちだけでゆっくりと故人を偲んでお別れできるとして、近年増加傾向にある葬儀スタイルです。

↑PAGE TOP