家族葬儀のマナー

葬儀の中の家族葬のマナー

葬儀の一つ家族葬でのマナー

葬儀には様々な形式がありますが、近年増加しているのは家族や故人と親しい人のみで行う家族葬です。この葬式は、一般の葬式よりも規模が小さく、遺族や親族で行うことから受付なども用意する必要がないので、会葬御礼品を用意するといった経済的、精神的な負担が少なくてすみます。葬儀でのマナーとしては、家族葬とはいえ通常の葬式と変わらないので、きちんと喪服を着ること、華美な髪飾りをしないことが大切です。故人の遺志によって音楽をかけるなど柔らかな雰囲気になることもありますが、お寺とのやりとりなどもしっかりと行うようにします。

葬式でのマナーについて

葬儀に参列する時にはマナーをしっかり守って失礼のないようにする必要があります。特に女性の服装についてはしっかりとした知識を持つことが大切です。まずは、黒い喪服を着用しますが、黒いスーツなどで代用しても構いません。しかしラメや刺しゅうなどが入ったものは避けます。ストッキングや靴も光沢のないものを選び、真珠のネックレスや結婚指輪以外のアクセサリーはつけません。髪の毛は長い場合には一つにまとめ、髪飾りを付ける場合には地味なものを選びます。お化粧も薄いものにします。このように葬儀の場では、華やかさは必要ありません。遺族の気持ちを汲み取り、故人への感謝とお別れをそっと伝える場なのです。

↑PAGE TOP