葬儀のお悔やみの言葉

葬儀の際のお悔やみの言葉とは

葬儀のマナーお悔やみの言葉

葬儀は急に行われることが多く、喪服や香典を用意するなど慌ただしいことが多いです。どのような流れなのか、どういった言葉をかけたらよいのか悩みますが、通常の葬式の場合、通夜や告別式に行くと受付が設けられており、受付にて香典を渡すようになります。その受付の際にまず、お悔やみの言葉を言うと良いでしょう。お悔やみの言葉を言う時のマナーとしては、語尾をしっかりと言わずにごすように話すこと、死など不吉な言葉を口にしないことが大切です。葬儀において遺族に声をかける場合も、かわいそうに、などの言葉を使用せず、にごすように話したり遺族を思いやる声をかけたりするようにします。

葬式のマナーについて

葬儀のマナーについてですが、まず葬儀に参列する場合には喪服を着ようすることが一般的です。また会社関係者におきましては、作業服での参列も可能になっています。また、親族様に対しましてはお悔やみのお言葉をおかけすることが1番良いです。また式中におきましては、話したり、笑ったりするのは絶対に禁物であります。また式開始前には必ずお手洗いなど必要なことを済ましておくのが良いです。式中に席を立つ事は絶対に禁物であります。またお香典に関しましては、あまり金額を多くしないほうがいいです。親族におきましても、香典返しをする際に困ってしまう可能性が高くなってしまいます。

↑PAGE TOP