葬儀のやり方と規模

葬儀のやり方と規模とは

葬儀のやり方、規模について

葬儀に対する考え方の多様化で、近年は家族葬が人気です。家族葬とは、家族や身近な親族のみで行う小さな葬儀のことで、ゆっくりと故人とのお別れが出来ることが人気の理由です。参列した全員が同じ気持ちで故人を偲び、想い出を話し、しっかりとお別れをすることで遺族の心の整理もつけやすいこともあります。また、費用面での負担が少ないこともメリットです。少子高齢化や核家族化などに伴ってこのような小さなお葬式は今後益々増えていくはずです。

↑PAGE TOP