葬儀のスタイルとは

最近の葬儀の形式について

新しい葬儀のスタイル

最近では核家族化が進んだことによるライフスタイルの変化などによって、家族葬と呼ばれる葬儀を行うという方も増えてきています。家族葬とは、一般の参列者を呼ばず、家族やごく親しい身内のみで故人を見送ることを指します。ゆっくりと家族だけで過ごせるのがメリットです。訃報の知らせを受け取った方は、葬儀の後に、あらためて故人の自宅へ弔問に行くか、一周忌などの法要に参加するなどして、哀悼の意を表すことが多いようです。

↑PAGE TOP