葬儀の忌み言葉とは

葬儀で忌み言葉はタブー

葬儀では忌み言葉を使わない

結婚式では「切れる」「別れる」を連想させる言葉は使わない。受験生の前では「落ちる」「滑る」はご法度。世の中には場面場面で言ってはいけない言葉がありますが、葬儀においても忌み言葉を使わないのがマナーです。不幸が重なることを連想させる「たびたび」「重ね重ね」「くれぐれも」などの言葉や繰り返し不幸が起こることを連想させる「また」「返す返す」「再三」などの言葉は弔事や弔電で使わないように気をつけなければいけません。若い人で忌み言葉を気にする人はそれほどいないのかもしれませんが、葬儀にはご年配の方も参列されるので最低限のマナーをわきまえておきましょう。

マナーに十分気をつけて参列

日本は超高齢社会に突入しているので、今後葬儀に参列しなければいけない機会が増加すると考えられます。そこで、参列する際のアドバイスがあります。それは基本的なマナーを身につけることになります。学生時代はできていなくても大目に見てもらえましたが、社会人で同じような言動をとるのはナンセンスです。細かいところまで身に付ける必要はありませんが、大人として最低限知っておくべきことは身につけておくべきです。自分だけが恥をかくならいいのですが、周りにいる家族や友人に迷惑をかけることになるので、葬儀に参列する際はマナーにも気をつけなければいけません。

↑PAGE TOP